ドタバタ出産記

私は里帰り出産でした。

そのため、普段の検診は出産する病院とは別の自宅から近い所に通っていました。検診で行く病院はいわゆるセレブ病院といった感じでとても綺麗なところでした。検査器具も最新のものでエコーも4D機能がついていて、毎回の検診が楽しみでした。

それから、特に大きな問題もなく臨月に入ったため、実家に帰りました。そこで、初めて出産する病院へ行ってみると、度肝を抜かれました。とてつもなく古くて汚い病院だったのです。待合室のイスはパイプイスで、診察室も学校の保健室のようでした。先生もよぼよぼなおじいさんでボソボソと何を言っているのかわからない感じでした。それまでのセレブ病院とのギャップにショックを受けましたが、田舎の町にはその一件しか産婦人科はなかったので、私は「よしっ、ここで元気な赤ちゃんを産むぞ。」と決心しました。

そして予定日から5日が過ぎた日に破水しました。それから病院に行き、促進剤を打ちました。たまたま仕事が休みだった旦那さんも間に合い、立会い出産することになりました。しかし、なかなか子宮口が開かず、今日は生まれないと言われ旦那さんが帰ろうとした時「あれ、頭が出てる!」と助産師さんが焦り始めました。そこで出産準備のためにドタバタしていて、部屋には旦那さんと2人きり。2人で必死に力んでいると、先生が到着しそれから間も無く息子が誕生しました。予想外のドタバタ出産になりましたが、助産師さんもいい人で入院食事も美味しくて、母乳ケアもしっかりしてくれて、この病院で出産してよかったなと思いました。

2人目を妊娠してもこの古い病院で出産したいです。

はじめての妊活、冷え性を治す

結婚後2年で自然な性交渉が夫婦間であって子供が出来ない場合、それはもう不妊症の疑いや要因が少なからずあるとはじめて知りました。結婚後2年なんて余裕で経っていたので、妊活にもどうにも腰が重くて仕方がなかったんです。子供は出来る時には出来ると楽天的に考えていたけれど、子供は欲しいと強く願う場所にしか来てくれないよと、実家の母からはぽつりと言われてしまう始末。

その言葉で一念発起して、妊活を始めてみる事にしてみました。まず取り組んだのが根本的な体質改善。昔から気になっていた冷え性を治そうと思いました。冷え性が酷いと、体温が上がらない、子宮が冷たいと妊娠しづらいと聞いたことがあったからです。 当たり前ですが、お母さんの体温は妊娠中赤ちゃんが過ごす子宮内の羊水の温度にも関係してくるので、ぽかぽかの体温であればある程赤ちゃんとしては心地よく過ごせるようです。 確かに1日中冷たい場所にいるよりも、誰だってぽかぽか温かい場所で過ごしたですよね。

冷え性を改善する為に、出来るだけ冷たい飲み物や食べ物を食べないようにする事、冷えとりの靴下を常に履く事、湯船に毎日ゆっくりと浸かる事、ウォーキングをして足下を温めて全身の血流をよくする事、こんにゃく湿布を時々する事など、自分が出来る範囲で努力できることをしました。そのほかにも、葉酸をしっかり摂るように心がけました。
参考:妊婦に必須な葉酸の効果は?サプリメントの比較も 冷え性はいきなりは良くならないけれど、これらを続けていたらゆっくりとですが手足が氷のように冷たかったのに少しづつ改善していきました。妊活は大変だけど、頑張りがいがありますね。